Battle of Diego

勇気の試練 - 村の夜明けの救出

によって書か: 今日のテルエル

|

|

読む時間 4

第9章 恐怖の黄昏 ディエゴとアイシャの勇気ある激突

夜明けの最初の光が地平線に忍び寄り、野原全体に青白い光を投げかけると、ディエゴとアイシャは銀鳳騎士団の横に乗りました。彼らは教団のメンバーであることを示す記章を身に着けていませんでしたが、共通の目的の火が彼らの心の中で明るく燃えていました。騎士団長の言葉は、彼らの使命の重大さを厳かに思い出させるものとして彼らの心に残りました。


「勇気は戦いの中にだけあるのではなく、罪のない人々を守ることにある。今日、あなたは私たちの教団の精神を体現することになります。」


ディエゴは鞍の上で背筋を伸ばし、手綱をしっかりと握りました。 「私たちはあなたを失望させませんに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

アイシャはうなずき、遠くの村を見つめた。 「私たちは自分自身を守ることができない人々をサポートしますに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」


朝日を背に、馬のひづめの音が不毛の平原に太鼓のように鳴り響きながら、彼らは先へ進んだ。村はまだ数リーグ離れていましたが、朝の空気に渦巻く細い煙がすでに破壊が進行していることを物語っていました。


かつて平和だった集落は包囲され、住民は隅っこに群がり、略奪者たちが家に放火し、穀物倉庫を略奪し、無防備な人々を恐怖に陥れた。女性と子供の叫び声が朝の空気を突き抜け、絶望の陰惨な交響曲が村を覆いのように覆い尽くした。


咆哮を上げながら、ディエゴとアイシャを先頭に銀鳳騎士団が突進してきた。山賊たちは、騎士たちが襲いかかる前に、ほとんど反応する時間がありませんでした。ディエゴの剣が致命的な正確さで空気を切り裂くと、鋼鉄の衝突が響き渡り、焦げた壁に反響した。スイングとパリィのひとつひとつが死の舞踏であり、彼の動きは長年の訓練によって磨かれていた。彼は栄光のためではなく、恐怖に目を丸くして影に縮こまる村人たちのために戦ったのです。


アイシャは廃墟となった穀倉の上の見晴らしの良い場所に登り、弦を張りながら下の混沌を眺めた。彼女の矢は致命的な正確さで標的の跡を捉え、報復する暇を与えない素早さで略奪者を打ち倒しました。彼女の目的は復讐ではなく、守りたいという欲求に突き動かされていた。各ショットは無力化または武装解除するために慎重に配置されており、彼女の知性と生命への敬意の証です。


山賊の数が減ると、そのリーダーである顔に傷のある大柄な野獣が、パン屋の残骸に避難していた村人の群れに向かって突進した。血まみれの斧を振りかざす彼の目は悪意で輝いており、その意図は明白かつ破壊的だった。


ディエゴは迫り来る脅威を察知し、風の速さで突進した。彼は銀色の稲妻のように剣を光らせながら、通りの真ん中で山賊のリーダーを迎え撃った。その後の決闘は鋼鉄の嵐で、強さと技術が試されました。それぞれの打撃は猛烈な激しさで響き渡り、空気は彼らの戦いの激しさでパチパチと音を立てた。


あなたの恐怖政治はここで終わります!」ディエゴは叫び、その声は煙のようなもやの中に響き渡った。


最後の強力な一撃で、ディエゴの剣が山賊のリーダーの斧に衝突し、斧が回転して地面に落ちました。武装を解除され、よろめきながら、盗賊はよろめきながら後ずさりし、その転倒は信者たちの士気の崩壊を示した。残りの略奪者たちは日の昇る光の中に散り散りになり、彼らの影も一緒に逃げた。


一時は恐怖に包まれていた村は安堵のため息をついた。村人たちは隠れ場所から出てきて、その顔は恐怖から感謝に変わりました。


騎士団長は誇らしげに目を輝かせてディエゴとアイシャに近づいた。 「今日、あなたたちは自分たちが真のチャンピオンであり戦士であることを証明しました。あなたの勇気は命を救い、私たちの最も崇高な価値観を支えてきました。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

アイシャは安堵の笑みを浮かべ、肩に弓を掛けた。 「戦いは私たちのものだが、勝利はこの村のものだに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」


村人たちは周囲に集まり、感嘆の大合唱で感謝の意を表した。彼らは命がけで戦い、ディエゴとアイシャは彼らの間に立って、深い目的意識と帰属意識を感じていた。彼らはもはや単なる戦士ではなく、正義の守護者であり、弱者を守る者でした。


彼らが馬で要塞に戻ると、グランドマスターが門のところで彼らを待っており、彼らの勇気を称える準備ができていました。その日の出来事は村にとって単なる勝利ではなく、ディエゴとアイシャの銀鳳騎士団の旅にとって決定的な瞬間となった。彼らの道は戦いの炎と、守ると誓った人々の温かさによって照らされていた。

ディエゴ デ マルシージャの冒険をたどる

テルエルジュエリーの愛好家

Lovers of Teruel

ディエゴ・デ・マルシージャ

私は〜です ディエゴ・デ・マルシージャ、テルエルの貴族であり、その伝説と冒険は時間の限界を超えています。主人公としてもストーリーテラーとしても   ディエゴ デ マルシージャの冒険, 私は、かつて故郷と呼んだ世界、12 世紀の活気に満ちた激動の精神を反映した物語を織り上げています。私の時代の現実に根ざしていますが、これらの物語は真実とフィクションを融合させ、私の時代を特徴づけたロマンス、陰謀、騎士道精神を生き生きとさせます。このページでは、歴史と想像力が絡み合い、あらゆる場面で冒険が待ち構えており、私の物語が私の人生を特徴付けた情熱、裏切り、勇気を明らかにする世界を旅する旅にご参加ください。

続きを読む

章の順序

コメントを書く